トップ > スイカで電車もバスもコンビニもスイスイ

スイカで電車もバスもコンビニもスイスイ

"私は現在JR東日本のスイカを使用しています。 スイカ登場前は、 JR東日本はイオカード、 関東地方の私鉄はパスネット、 関東地方のバスはバスカードを使用していました。 特に電車に乗る時に、 イオカードやパスネットは わざわざ駅の運賃表を見て切符を買う事も無く、 そのまま改札機に入れて通れるので、 面倒臭く無く、 しかもカード裏面には、 残高が表示されて非常に便利で、 手放せない存在でした。 またバスに乗る時は、 共通バスカードを買って乗車していました。 それぞれ別の3枚のカードを持たなくてはならなかったのですが、 非常に満足していました。 その後、JR東日本が電子マネーのスイカを出し、 暫く様子を見ていましたが、 関東の私鉄がパスモを出し、 JR東日本も関東の私鉄も共通で利用出来ることになり、 私はクレジット機能付きのビュースイカを持つことにしました。 クレジット機能があるので、 チャージ金額が少なくなると、 改札機でオ―トチャージされ、 非常に助かっています。 私のオ―トチャージは、 残額が1万円を切ると、 1万円チャージするよう設定しています。 オートチャージは ビューカードのポイントが普通の買い物より多く付き、 400ポイント貯まると、 1000円のびゅう商品券に交換して、 旅行等の駅弁購入時に使用しています。 これがまた大変徳した気分になって最高です。 そしてスイカは、 駅の飲料自販機を始め、 エキナカのショップだけでなく、 マチナカのコンビニも使用出来るようになり、 買い物でスイカの利用できる所では殆どスイカを利用しています。 スイカで買い物をするとスイカポイントも付き、 1000ポイント貯まると 1000円分のスイカチャージに交換しています。 また数年前からバスもスイカが利用できる会社が増え、 特にバスの場合は、 1枚のスイカで2人分や3人分でも精算出来ることから、 こちらも非常に助かっています。 今では、 スイカの利用出来ないスーパーやガゾリンスタンドでは、 ビューカードでクレジット精算、 スイカが利用出来る所はスイカで精算、 これ1枚で殆どお財布から現金を出す事も無くなりました。 私のとってスイカ(ビュースイカ)は、 無くてはならない存在です。"

前の記事 | 次の記事

関連記事